鮎毛鉤釣り‐神通川高速道路下左岸2013年6月30日

2013年6月30日(日)、7月1日(月)神通川高速道路下左岸
久しぶりの休み。6月29日(土)深夜、名古屋の出張の帰り、富山経由で我が家に帰った。7月1日(月)に休みを取り、日と月曜日と連休となった。午後大町の地蔵屋さんで年鑑札と毛鉤2本購入する。鴨緑江赤ラメと他の毛鉤。15時半頃神通川左岸高速道路下に入る。昨年三日連続して入った場所である。初期は部があると考えた。久しぶりの鮎釣り。水は澄み、水位も低い。足音に小さな鮎が泳いでいるが、すごい群れではない。風は殆どなし。先ず、魚石作赤熊中銀。岸よりを流し、すぐに当たりあり。14センチ程の鮎。その後数尾を釣り、大切なこの毛鉤から林さんの毛鉤鴨緑江赤ラメを初めて使う。馴染むまで当たりがなかったが、押さえ込むような当たりがあり、同じようなサイズ。その後、当たりが少し遠のき、岡林4号を使う。沖目で流れの筋に乗せ、頻繁に押さえ込む引き。7時過ぎまで釣り、12cm〜16cm 35匹。残念ながら18cmオーバーは無し。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です